物販系副業案件

【物販副業詐欺!?】タイ式オリジナルブランド通販2022は成り立たなない?

こんにちは!アユミでございます!

物販の副業も最近非常に増える一方なのですが、その中にも勿論『詐欺的内容』が潜んでいるのは仕方のない所… 物販の副業はやっぱり【高額なセミナーの案内】や【高額の商材の販売】など、物販である以上、それなりの知識や場所が必要なだけに、ちょっと副業としてはハードルが上がってしまうのはしかたのない所ですね…

でも【利益】という面で考えると、“ヒットすれば”かなりの収益を得る事が狙えるという意味ではかなり期待値もあるのではないでしょうか?

そのいった部分を前提に今回物販の副業となる『タイ輸入式オリジナルブランド2022』というサイトを検証させて頂きますので、今回も最後までお読み頂ければと思います!

   月商最高400万円!? それが事実かどうか徹底検証!!

『タイ輸入式オリジナルブランド2022』のページ内には『タイから利益率の高い商品を入輸入して、それをオリジナルブランド化。各物販サイトで販売』と物販系の副業案件とほぼ同じ内容の事が書かれていて、違うという部分は『タイから輸入』といった所でしょうかね??

でも非常に不可解なのが『輸入をする場所がタイ限定』である事…

『なぜタイから輸入をする事が最適なのか』がかなり分かりにくく、利益率の高い商品であれば、タイ以外にもアイテムによっては多くあるハズなのに、何故そこまでタイにこだわるのかはちょっと理解できませんでした…

    でも例え利益率が良くても『売れるか』が問題…

勿論『利益率の高い商品』を販売する事が物販の一番の基本なのでしょうが、物販である以上『売れなければ』1円の利益にもなりません…

上記の写真は『タイ輸入式オリジナルブランド2022』がページに掲載している、タイ輸入のオリジナルブランド通販の商品分野という内容ですが、特に『タイでなければならない』というジャンルも存在しない気がしますし、ごく普通のラインナップ…なんか、よくある商品のジャンルを無理やり詰め込んだ感じもします(笑)

またかなり重要な販売先の候補ですが…

この『今登録をすれば貰える7大特典?』の内容には『メルカリとアマゾン』の名前が確認出来ますし、特にアマゾンに関しては『商品ページの5つのポイント』という特典もあるみたいなので、主力の販売場所は『アマゾン』なのでしょうね。

では実際にアマゾンで『タイ関連の上記ラインアップ』があるか確認してみたいと思いますが…

正直『なかなか見つける事はできませんでした』…実際の利用者のレビューに記載のある商品についても、探す事はできませんせしたし、『原産国:タイ』と記載されたモノ(牛革の財布)では僅か1件だけ…それもかなりアジアの雑貨に特化した販売元で、その財布自体も限定だった事を考えればちょっと該当ではない気がします…

そしてかなり気になったのが、『タイ輸入式オリジナルブランド2022』のページにある動画でのレクチャー…ちょっとお世辞でも『欲しい』と思うようなモノはありませんでしたね… 例えば

この『ワニ1匹のリュック(笑)』…一体だれが買うんでしょうか??

勿論それでもこのリュックが欲しいを思われる方は日本にいらっしゃるかもしれませんが、かなり少数派である事はお分かり頂けますよね? 物販である以上、そして月商数百万円という実績を考えると、こういった少数派向けの商品を販売する事はちょっと意味が分かりませんし、在庫を抱えるとなるとなおさらですよ…

ちなみにこの『ワニ1匹のリュック(笑)』。販売価格は“6万円”だそうです…なお買う人は確実に減少するでしょうね(笑)

まぁ、この動画では色々な商品を紹介しているのですけど、その内容はあくまで『利益率』の話ばかり…前記の通り『利益率』は物販では非常に大事なのですけど、実際にその商品が売れなければ『全く意味がなく、逆にマイナス』になるだけ…

例えばそこらへんの河原にある石を拾い売れば驚愕の利益率ですが、実際にそれをアマゾンに出しても売れるかといなれば『また違うお話し』なんです…そういった具体的な事はページ内も書いていませんし、この動画にも説明されていなかったとなると、ちょっと『タイ輸入式オリジナルブランド2022』に対しての信憑性はかなり下がりますね…

     かなりの矛盾がそのまま掲載されていますけど…

どういったリサーチの方法を取られたのかは全く説明されていませんが、この『タイ輸入式オリジナルブランド2022』の方法を実践されている方は“4.2%”しか存在しないらしく、だからこそ競争性も少なく稼げるという事を強調しておられます。

でも、これだけ『タイ輸入式オリジナルブランド2022』側が“豪華7大特典付き”のキャンペーンを打っていて良いのでしょうかね?

実践者が少ないからこそ『儲かる』と謳っていたのに、期間限定の7大特典がついたキャンペーンで、相応の方がこの『タイ輸入式オリジナルブランド2022』の手法を実践すれば、今まで“4.2%”だった実践者の数字が上がってしまうのは確実…となると同じ手法や同じ商品での競争性が発生すれば、時と場合によっては『稼げなくなってしまう』可能性がありますし、勿論過去に存在した“4.2%”の方も良い顔はしないでしょうに…

かなり言っている事が矛盾していますし『タイ輸入式オリジナルブランド2022』を利用する方が増えれば増えるほどリスクでしかない様な気がするのはわたしだけなのでしょうかね?

関税の計算はどうなっているのでしょうかね…

海外から商品を輸入し、国内で販売する『物販副業』の方にちょっとお話をお伺いさせて頂きましたが、同様の方法で一番厄介なのが『関税』だそうです。

でも『関税』自体が全ての商品に掛かる訳ではないので、海外から輸入し、国内で販売する方は『無課税』を選択する事が多いのですけど、この『タイ輸入式オリジナルブランド2020』のラインナップは『革製品、布製品、アクセサリー』と関税が掛かる品物ばかり…

またあくまで個人的利用であれば関税も無課税となるケースがあるらしいのですけど、あくまで『物販』。相応の量を販売しなければ利益が取れないという状況を考えると、あえて関税の掛かるモノばかりを選択する事は『利益率を下げる』という事になるとの事…

まぁ、そこはあまり海外輸入、そして物販に詳しくないわたしでもしっかり理解できましたし(笑)、『タイ輸入式オリジナルブランド2022』の内容に大きな矛盾が感じられますね…

『タイ輸入式オリジナルブランド2022』検証結果

ページや写真、動画など『それらしい事』を言ってはいるのですけど、かなり矛盾も多くて、『タイ輸入式オリジナルブランド2022』の方法が果たして“物販副業”として成功するのかは【かなり疑問を感じます】。

また仮に現在『タイ輸入式オリジナルブランド2022』の方法で成功をしている方た居たとしても“実践者4.2%”という少ない数字だからこそ収益を上げる事に成功している可能性が高いのですが、ここまで大々的に『タイ輸入式オリジナルブランド2022』の手法を広めるのは『実践者を増やす行為』…今までこの方法でやってきたユーザーは勿論の事、これから『タイ輸入式オリジナルブランド2022』の手法で始めるユーザーも、一気に稼げない可能性が出てきますよ…

本当に『優良なる物販系副業案内』であれば、そういった先に登録されたユーザーも大事にしつつ、そういった方々の利益を損なわない事、そして実践者が増えても問題がないという理由を書けば良いのですが、残念ながら全くなし…

何かしらのセミナーや教材を販売して高額を取る可能性は見え見えで、『タイ輸入式オリジナルブランド2022』側からすれば、その商材やセミナーが売れれば大バンザイ!それが実際に儲かるか儲からないかは二の次という考え方は『限りなく悪徳に近い』と判断せざるをえませんね!

文頭でもお伝えしましたが、かなりこういった『物販系の副業案件』、その中でも『悪徳』『詐欺的案件』はかなり増えてきているという情報を頂いておりますので、絶対に怪しいあ内容や疑わしい内容を見つけた際は利用、登録をしない様、お気をつけ下さいね!