物販系副業案件

【悪徳物販!?】メルカリ利用の副業案件『MerTS(メルティーエス)』は大丈夫なのか?

皆さん『メルカリ』って使われた事ありますか??

つい先日わたくし『アユミ』もメルカリでハンディクリーナーを購入したのですが、その出品者の方が「2日~3日で発送」だったのでポチり、その後全く音沙汰なし…結局4日が経過した時に「取引キャンセル」のボタンが登場したので押し、メルカリ側も合意なしのキャンセルという事で決着したのですが、その相手が強引に商品を発送。その後も全く発送手続きを止める事なく放置され、かなり困った経験の『アユミ』でございます。

すいません、前置きがかなり長くなってしまいましたが、今回はその『メルカリ』で成果を出すという副業『MerTS(メルティーエス)』という案件を見つけましたので、わたくし『アユミ』徹底検証の上、ジャッジさせて頂きたく思います!

■ メルカリで稼ぐ副業のノウハウは利益になるの?

この『MerTS(メルティーエス)』のページには…

● パソコン不要
● 仕入れ資金不要
● 独自仕入れルート

を持ち、LINEにお友達登録をするだけで…

これだけの特典が貰えるといった内容となっていますね。

商品リストや売れる為の商品説明の書き方や写真の撮り方、評価の上げ方や発送のポイント等は確かにある程度納得は出来ますけど、一番重要なのは『その商品の需要』がイチバンではないでしょうか?

またこういったフリマサイトは流行が移り変わりやすい事から、この『MerTS(メルティーエス)』の特典でもある『メルカリで販売した商品リスト500』はあくまで過去のモノ、今現在であおれが売れるかどうかは完全に分からない内容であり、これに期待を寄せて『MerTS(メルティーエス)』に期待するのはちょっと早い気がします…

そして『仕入れ資金不要』としておきながら『独自仕入れルート』??

当たり前ですが商品を仕入れなければ販売する事は無理ですよね?その商品仕入れを『資金不要』とすれば“トンデモナイ”事態。

『仕入れルートも渡すし、仕入れ資金もいらない。メルカリで売るノウハウや商品リストも全部渡すよ』ってなると、『MerTS(メルティーエス)』側に何の得があるのでしょうか?

あくまで副業と言っても『WIN&WINの関係性』は大事。

『MerTS(メルティーエス)』の様に一方的にユーザー側に優位にしか書いてない広告ページはちょっと身構えてしまいますね!

■ 非常にページが雑!特典もかなり微妙…

『MerTS(メルティーエス)』の紹介ページは他のよくある副業案件のページと比較しても非常に短く構成されています。

だらだら長く書かれる内容は飽きてしまいますが、『MerTS(メルティーエス)』の内容は逆に『何も記載がないと同様』。これでユーザーが得られる情報はかなり少なく、当然ですがこれで『LINEに友達追加をしよう』とは思えません…

またLINE友達追加の『7大特典』ですけど

上から6個まではまぁまぁ実際の利益を捻出するという手法に軽くは触れているのですけど、最後の7つ目『令和の時代にメルカリをやるべき5つの理由』はいらないですよね?

むしろここはしっかりページ内にて熱弁する方がいいと思いますし、それを特典にしてしまうのはちょっと意味がわかりません…

そして更に深く突っ込むと、5番目の『評価を100%良くする秘密のノウハウ』という部分ですけど、友人の『自称メルカリマスター(笑)』に聞いた所、

『梱包をキチンとして発送を迅速にすればある程度の評価は得られる』

との事、実際にその『自称メルカリマスター』の評価を見せてもらいましたが…

この評価であれば十分すぎるでしょうね(笑)。わたくし『アユミ』の個人的意見ですけど、何も問題なく、この評価であれば購入すると思います!

■ このページを実際に見てもらいました(笑)

そしてこの『MerTS(メルティーエス)』のページを『自称メルカリマスター』に見せてもらった所…

『ウソじゃん』の一言で一蹴(笑)。

自称メルカリマスターによると、一番のネックは『手数料』。メルカリでは商品が売れた際は手数料としてメルカリ側が1割を取る仕組みとなっていて、これがかなり痛いとの事。

今では『SHOP』として期間限定でメルカリ内にお店を開く事が出来て、そこであれば“手数料無料”の神対応!しかし個人情報を完全にオープンにしなければならない決まりとなっていて、そこを完全に伏せたいユーザーが多いメルカリにおいて『匿名発送』は避けられない…つまり送料を劇的に抑える方法は現実的ではないとの意見でした。

また7大特典の4つ目『販売価格が2倍になるスマホ写真撮影のメソッド』という部分にはかなり疑問を持った様で…

写真で商品が綺麗に映るのは結構だけど、中古品である場合はそれだけ鮮明になると『映ってほしくない箇所』も見える事になり、新品でもケチが付く部分が映ってしまう事はあまりよろしくないとの事。

実際逆の立場でも写真が鮮明で綺麗に商品が映っている事はありがたいですけど、そこに至らぬ状況が映ってしまってた場合、やっぱり購入は控えてしまいますよね?

その点7大特典の3つ目『飛躍的に売れるための商品説明の書き方口座』は納得してましたが、『飛躍』という過剰な表現を使っている部分については苦笑いでした…

そして最後の『最新版メルカリスタートアップマニュアル』の部分。

スタートアップで何なのでしょうか?メルカリに登録をするにあたり、スマートフォンがあれば特に問題なく行える作業ですし、『最新版』と言われてもなかなか想像が付きません…メルカリって始めるのに短時間で劇的に方法が変わるのでしょうか?

ちなみにこの『自称メルカリマスター』的には“ありえない”そうです(笑)

■ 特商法、会社情報の記載は全くなし

左下に方に隠れる様に『プライバシーポリシー』は設置されているのですが肝心な『特商法』、『会社概要』の記載は残念ながらこの『MerTS(メルティーエス)』のページ内にはありませんでした…

例え非常に良い副業案件であっても『どこの会社が運営をしているのか』『連絡先はどうなっているのか』の記載がなければ疑わしい限りですし、万が一トラブルになった時に連絡のしようがないとなれば困る一方です。

次にこの『個人情報の利用目的』の欄で注目をして頂きたいのですが…

と気になる部分には赤線でアンダーラインを引きましたが、もう『教材の購入』『イベント、セミナーの申し込み』と何かしらの料金が発生する事が前提として書かれていますね!

更に追い打ちとして、これも赤のアンダーラインを引かせてもらいましたが

『これらの情報提供をするために、メールマガジンに代理登録させて頂く事があります』

ってどういう事でしょう??

勝手にワケのわからない所のメールマガジンに登録される事自体が迷惑ですし、これを『予めご了承下さい』って…了承できないですけど…

『MerTS(メルティーエス)』のページでは良い事ばかりを並べ立てて、実際すみっこの隠れた所にそれまでの紹介を一気に覆す内容を掲載…

これこそが『悪徳』『詐欺』と呼ばれる業者の常套手段と言っても良いのではないでしょうか?

■ 『MerTS(メルティーエス)』のジャッジはいかに??

今回もわたくし『アユミ』の独断と偏見、そして今までの経験となりますが、この『MerTS(メルティーエス)』を利用する事で『詐欺』に遭う可能性は極めて高いと判断させて頂く結果となりました。

確かにメルカリで高額で取引される商品を販売し、利益を得る事は副業として十分成り立つ可能性はあるのですが、商品を仕入れたり、売れる商品のリサーチ、また発送の準備や手続きを考えると、時間をかなり取られ、利益的にも労力の割に利益が伴わない可能性は高いのではないでしょうか?

今回『MerTS(メルティーエス)』は実際に知名度のある『メルカリ』というコンテンツを取り上げ、あたかも副業として成り立つ形でユーザーを募っていますけど、プライバシーポリシーの内容の怪しさ、特商法がない、会社名も不明と何からしらの形で『詐欺』の被害に遭う可能性があるとなれば、わたくし『アユミ』としてはオススメできませんし、利用は当然、登録をする事はお控えになられた方がいいかと思います!

それでは今後とも『アユミ』の案件検証にご期待頂きたく思いますので、ヨロシクお願い致します!